一戸建てを建てる

家を建てるには、「予算」がいる

家は、「一生に一度のお買いもの」といいますよね。けれど、将来的に家を持ちたいと考えていても、「家を建てるには何から始めれば?」と悩む方も多いのではないでしょうか?
家を建てるには、予算、土地、家(間取り含め)、家を持つことに関わる各種費用など、様々な側面からトータルで考える必要があります。
家を建てるには、「予算」がいります。「自分たちにはどれだけの借り入れができるのだろうか」ということがある程度分かっていれば、今すぐではなく長期的な視野で家を建てることを考えている場合でも有利です。
粗方の目安としては、年収350万円の場合、返済率上限は30%、約2000万円。年収500万円の場合は、返済率上限は35%、約3500万円という計算が一般的です。
ちなみに返済率とは、年収に対する年間返済額の割合のこと。

返済年は通常最大35年。頭金を用意できていればその分月々の返済が軽くなる、支払う金利総額分を抑えるなどのメリットがあります。

一戸建て

お金の管理をきちんと

一戸建てを建てるには、それまでのお金の管理状況がモノを言います。

一括で払えるほどの現金があれば別ですが、大抵家を建てるとなれば、ローンを組みますよね。

その場合、借り入れに支障をきたす状況を作り出していないかを把握しておく必要があります。
携帯電話料金の支払い滞納から、いわゆる「ブラックリスト入り」、つまりは信用情報に事故情報が掲載されてしまい、ローンが組めない人がいます。

あなたは携帯電話の通話料と一緒に、携帯電話やスマートフォンの購入代金を分割支払いにしていませんか?

月の携帯電話使用料金とその購入代金を同時に毎月払っている方はご注意を。
携帯電話本体という商品の分割払いに対して支払いができなかったことから、信用情報に傷がついてしまいます。

小さな買い物だから、と思ってもしっかりと忘れずに支払いはしましょう。

「通話料と信用情報は別物」ではないケースもあるのです。

家のローン以前の問題に発展してしまいますよ。